一般社団法人 秋田県作業療法士会

桂林市中医病院からこんにちは




氏名:貝森 美央  
年齢:27歳・・・現在は+α  
職業:作業療法士  
趣味:人間ウォッチング





 2006年6月から2008年6月までの2年間、中華人民共和国 桂林市の中心部にある『桂林市中医病院』に青年海外協力隊(作業療法士隊員)として派遣されておりました、通称『ベイ』と申します。2年間、涙と怒りと笑いと・・・いろいろなことがありました。


 中国国内では日本で言う『リハビリ』という概念がまだまだ行き届いておらず、針灸治療とマッサージ治療が回復の手段となっています。2年間私がしたこととは何だったのか・・・帰国した今も時々考えます。


 これは活動期間中に日本の皆さんに向けて作成したものです。『ベイ』の中国生活をご覧ください。


〜略歴〜

  • 神奈川県内某養成校にて作業療法を学ぶ。
  • 2003年春、神奈川県内某病院に入職。
  • 2005年春、予ねてからの希望であった協力隊。多くの要請案件の必要条件である『経験年数3年』を満たしていなかったが、下見受験。
  • 1次試験(英語、専門分野、健康診断)、2次試験(面接、健康診断)に合格し、『隊員候補生』となる。
  • 2006年3月、3年間勤務した某病院を退職。
  • 2006年4月、青年海外協力隊派遣前訓練参加。(福島県二本松市において70日間の共同生活)
  • 6月、語学研修、派遣前訓練を無事終了し、晴れて『隊員』となる。
  • 6月末、赴任。北京にて3週間の語学研修を終了。
  • 7月末、桂林市中医病院着任、活動を開始する。
  • 2008年6月末、2年間の任期を満了して帰国する。
  • 帰国後、県内にある介護老人保健施設にて新たな作業療法士を楽しんでいる。